思い出がいっぱい

ゲームOKとかじゃなくて、家庭環境がちゃん整っているかどうかだと思うのです。塾に行ける環境だと、一応整っていると考えられる。見方を変えてみると(*.*)遊びと勉強の切り替えが出来ず無計画に宿題を溜めてしまい、結果的に成績も悪い子は…そりゃあゲームNGくらいは言われるのでないかな(笑) うちはゲームとテレビを含めて2時間はOKしてます。どちらを選択するかも自由で。但し学習とご飯も正しく食べて貰いますが。ゲームに限らず、興味あるものにどれだけ真面目に考えれるかが大事。それが仕事で再現性のあるものであればゲームと同じくらい真面目に考える事が出来るよ。一つでも良いから、何かを真面目に考えさせてみては?ゲームに限らず、携帯電話でもエロ本でも自制心やら優先順位を考慮してメリハリのついた行動できないのは、それまでの育て方の反映だと思うけどね。

阪上 隆男と在原 茂夫の生活



コミュニケーション能力

総数の9割6分と残りの4分で比較して意味のある結論なんて出ないと思うけど? 自分はファミコンばっかりやって家では勉強をしなかった。そのツケは高校の時にやってきた。こどものときのあそぶかおとなのときにあそぶかだなぁ・・・・・ゲームする時間がないのか、時間がつくれないのか・・・・勉強はしたほうがいい。まったく役に立たないけど計画性という癖がつくんだろうなぁ・・・ゲームを持っている子供に「遊んではいけない」と言う親が4.1%いることの謎。ダメなら買うな! 話題と逸れるけど、小中高の夏休み等の宿題は7月中に完遂して8月は少年野球や部活が無い日はずっとゲームしたりして遊んでたわタイトルがおかしい。個人差がある。家では余程のことが無い限りゲームOKにしていたが、東大目指してた次男は自分でスケジューリングしていた。三男はとにかく自分の欲求第一だったので、宿題を犠牲にしていたw

中瀬 章弘と深沢 卓矢のつぶやき



モチベーション

でも勉強の出来とサッカーの上達度合いが兄弟で反比例中…(。i ω i。)そもそも家にはゲーム機がない。まあ、小学生新聞といえども朝日の記事だからな自分にゲーム廃人は何をやらせてもゲームに気持ちが移って集中力が持続しないよ。特にネットゲームでは限られた時間(と資金)の中で、順位を上げるものものが結構ある。根気だけでなく試行錯誤から自分に合った戦略を研究することも求められる。その過程で計画力なども養われるんだろうなゲームどんだけやっても良かったし宿題なんぞ…特に夏休みの宿題はほとんど真面目にやらなかったのに成績は学年で3位以内に入ってた小学生時代…先生からするとわたしはかなりやりにくい生徒だったと思われるところで、なんでゲームと学力に関連性があると思ってるの?wやるかやらないかはその子次第じゃないか。やらなかったらそれまでの子育てのしかただったってことさね。

 

平川 敦史と玉置 正志の日常